スケジュール イベントNEWS一覧 開催予定一覧
 ■お知らせ


 ■MENU
イベント施設情報



2月18日広島市で第3回研究会「平成24年度最終セミナー」

ちゅうごく地域組込みシステムフォーラム

イベント[写真]

 【広島】ちゅうごく地域組込みシステムフォーラム「自動車、電気・電子産業等の組込みに係る知財戦略研究会」(主催=中国地域知的財産戦略本部、中国経済産業局)第3回研究会が18日、広島市のメルパルク広島で開催された。今回は「平成24年度最終セミナー」で「地域におけるシステム開発人材育成の在り方について」がテーマ。

 当日は冒頭主催者を代表して、経済産業省局地域経済部電子・情報産業担当参事官・稲原宏昭氏が「今年度は組込みシステムを取り巻く環境が劇的に変わった。技術の高度化にどう対応していくか。信頼性・安全性をどう図っていくかなどをポイントに勉強を進めている。その中で企業戦略としてどう考えていくか。知財戦略としてどう意識していくかを推進してきた」とあいさつした。

 プログラムは「システム開発における人材育成と知財」(講師=ガードナージャパン・エグゼクティブパートナー小西一有氏)をテーマにした基調講演があった。小西氏は「実は組込みの世界はものすごく明るい。ほかの産業に比べて圧倒的に明るい。日本の組込み技術が、あらゆるビジネスを劇的に変える可能性がある」と壇上から訴えた。  続いて「ETロボコンへの取組みを通した組込み人材育成について」をテーマに、福山大学工学部電子ロボット学科・香川直己教授が「12年はETロボコン大会で女性チームが活躍し、女子力の高い地区ともいえる」と話した。会場内ではETロボコンのデモンストレーションも行われた。

 パネルディスカッションは「地域におけるシステム開発人材育成のあり方」をテーマに、ファシリテータをIPA/SEC組込み系プロジェクトサブリーダー田丸喜一郎氏が担当、ガートナージャパンの小西一有氏、福山大学工学部教授・香川直己氏、宇部工業高等専門学校准教授田辺誠氏、コア中四国カンパニー環境ソリューション部長・伊藤康彦氏がパネラーとして参加した。

 最後に「平成24年度補正予算事業の概要」について中国経済産業局地域経済部参事官電子・情報産業担当課長補佐・岡本広文氏が「円高・エネルギー制約対策のための先端設備等投資促進事業」「ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」などについて説明した。


>>>イベントデータ
日程 2/18
イベント名 自動車、電気・電子産業等の組込みに係る知財戦略研究会
主催者 ちゅうごく地域組込みシステムフォーラム
開催地 メルパルク広島(広島市)